社会福祉法人 川惣会|障害者支援施設 しらうめ荘・しらゆり荘

川惣会について

社会福祉法人『川惣会』 沿革

社会福祉法人の名称は、初代理事長の屋号<川惣>より『川惣会』とつけられました。
昭和55年1月、社会福祉法人『川惣会』設立許可。(初代 理事長 故川俣 宗夫)
昭和55年4月、茨城県2番目の身体障害者療護施設として『しらうめ荘』開設。
しらうめ荘のしらうめとは、春に先駆けてまだ寒さの厳しい中にフクイクとした香りを漂わせて咲き誇るように、利用者の皆様にも清々しく元気に生活が出来るようにとの思いから初代理事長が命名されました。
この話を聞きつけられ地元の有志の方々が、それならば梅の木がなくてはと、寄贈下さり、現在では施設のシンボルとして春の訪れを知らせてくれています。梅干しも作れるようになりました。

しらうめ荘 施設概要
身体障害者療護施設 しらうめ荘開設(定員50名)
敷地 10,502m² 建築面積 1,614m²      しらうめ荘
構造 鉄筋コンクリート造平屋建(冷暖房完備)

しらうめ荘の詳細はこちら≫

しらうめ荘
しらうめ荘
 

『しらうめ荘』に入所している方の中で、自立して作業することが可能な方々の為に、作業の提供をし日々の生き甲斐を持ち、社会に復帰出来る様にとの願いを込めて昭和58年4月、重度身体障害者授産施設として『しらゆり荘』を開設。
やまゆりの群生の敷地に設立との事から命名。

しらゆり荘 施設概要
重度身体障害者授産施設 しらゆり荘開設(定員50名)
※平成25年4月1日より定員40名
※平成29年3月1日より定員45名
敷地 5,000m² 建築面積 1,774.28m²      しらゆり荘
構造 鉄筋コンクリート造4階建(冷暖房完備)

しらゆり荘の詳細はこちら≫

しらゆり荘
しらゆり荘
しらゆり荘

平成3年には天皇陛下より御下賜金を賜る事が出来ました。
平成5年1月には厚生大臣の行政視察を受け、同3月地域交流ホーム『紫峰館』設立。
紫峰館を利用して数々の行事を組み入れ、地域と施設を繋ぐ架け橋として、地元小中学生を中心とした福祉体験学習等も定期的に開催され福祉教育へも力を入れています。
又、ご利用者様の健康作りの場としても大いに活用しております。

その後、平成6年11月に常陸宮両殿下、平成14年4月には秋篠宮両殿下の御視察を賜りました。
荘庭に緊張感溢れんばかりに整列したご利用者様、職員、多くの町民の皆様にやさしくほほえまれ、お手を振って戴きましたこと、温かいお言葉を頂戴出来ましたことを感謝いたし、これまで、又これからとご利用者様への支援の向上にと邁進しております。

平成21年4月、両施設ともに障害者支援施設へと新体系に移行しました。
多種多様のニーズに応え、施設の持つ専門的な役割を地域に果たそうと、在宅支援・相談支援にも積極的に取り組んでいます。

昨今の関係諸法の改正に伴い職住分離、地域移行への方向に向け平成25年4月1日にグループホームしらゆきを開所いたしました。
筑波山系の山並みと、かすみがうらの水辺が豊かな自然環境の中に位置する当法人は職住分離、地域移行への方向に向けグループホームの建設事業を計画しましたが、かすみがうら市より開発予定地が松山廃寺であることの通知を受け文化財保護法に基づき埋蔵文化財発掘の届出を茨城県教育委員会へ提出しました。その後、試掘調査が実施され工事着手前に発掘調査実施の運びとなりました。
東日本初の大型掘立柱建物を伴う常陸国分寺瓦製作工房跡の可能性が高い各種遺構が確認され、古代常陸国の国分寺造営の様子を現代に伝える重要な遺跡である事が報告されました。
※グループホームしらゆき開所までの経緯

H24年1月下旬〜 開発予定地の照会
9月中旬頃迄調査等
2度の入札を経て契約
10月26日 地鎮祭、着工
H25年3月15日 引き渡し
3月18日 茨城県障害福祉課より2名現地確認
3月21日 かすみがうら市・消防署立ち入り検査
4月 1日 グループホームしらゆき開所に至る

平成29年3月1日より自立訓練(機能訓練)サービスを開始しました。
茨城県立リハビリテーションセンターの事業終了に伴い、しらゆり荘では平成29年3月から自立訓練(機能訓練)サービスを定員10名で開始しました。

サービスの概要

理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーション、生活等に関する相談及び助言その他の必要な支援を行う。(入所・通所・訪問)

対象

地域生活を営む上で、身体機能・生活能力の維持・向上等のため、一定の支援が必要な身体障害者又は難病等対象者

①入所施設・病院等を退所・退院した者であって、地域生活への移行等を図る上で、身体的リハビリテーションの継続や身体機能の維持・回復などの支援が必要な者

②特別支援学校を卒業した者であって、地域生活を営む上で、身体機能の維持・回復などの支援が必要な者

グループホームしらゆき 施設概要
グループホームしらゆき開設(定員10名)
敷地 1,581m² 建築面積 252.79m²     
構造 鉄骨造平屋建

グループホームしらゆきの詳細はこちら≫

グループホームしらゆき
グループホームしらゆき
グループホームしらゆき
グループホームしらゆき